25歳をすぎるとお肌の曲がり角と言われますが、

年を重ねると肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)の速度が遅くなります。

特に40代頃からは、長年蓄積された紫外線の影響がメラニンを上手く外に排出されることができなくなりシミ、しわとなって残りやすくなってきます。

これからの季節は、屋外で過ごすことも多くなり、紫外線で肌に悪影響を及ぼします。

マスク生活の長期化で、紫外線対策がおろそかになっていていませんか?

その対策についてお伝えできればと思います。

★応援クリックお願いします★
にほんブログ村 美容ブログ ビューティーライフへ
にほんブログ村


ひかり老化って何?


引用元 NHKあしたも晴れ!人生レシピ「紫外線対策」より

地上の紫外線の95%を占めているUVAは、肌の奥まで到達するので、しわの元になります。

UVBの場合は、肌表面につよう作用するので、表皮中心にダメージを与えるので、シミやシワ皮膚トラブルの原因になります。

UVBは紫外線量がUVAに比べると少ないですが、

日焼けを起こす力は、UVAの600~1000倍と言われています。

ひやけやしみ、しわ、皮膚がんなどの皮膚障害への影響もあるので注意です。

このように、ひかり老化とは、日光、主に紫外線にさらされる部分に現れる皮膚の老化現象で、しわやシミなどの皮膚トラブルを招くことです。

自然老化の場合は、メラニンは減少し、皮膚が薄くなります。

ひかり老化の場合は、メラニンが増加し、皮膚が厚くなります。

ですから、お年寄でもあまり太陽を浴びない人は、色が白くやわらかで、自然老化の細かいシワがあるけれど、深いシワがない人が多いです。

マスクしていても紫外線対策は必要?


引用元 NHKあしたも晴れ!人生レシピ「紫外線対策」より
マスクをしていると日焼けは、大丈夫だと思いがちですが、

ところが、実験の結果で、特に不織布マスクだと紫外線を通過してしまうようです。

直射日光、散乱光、反射光等がマスクの隙間から、いろんな方向から紫外線浴びているためのようです。

更に、マスクをつけて3時間ぐらいたつと日焼け止めがよれて落ちてしまっています。

ですから、マスクをつけても紫外線対策は万全でないことがわかりました。

日焼け止めの効果的な塗り方

日焼け止めには主に、クリームタイプとミルクタイプがあります。

引用元 NHKあしたも晴れ!人生レシピ「紫外線対策」より

クリームタイプのつける量はパール2粒ぐらいで、顔が一粒もう一粒は、首や耳につけます。

クリームタイプは伸びにくく、粘度が高いので細かくらせんを描きながら、指の腹を細かく動かす要領で塗布します。、

ミルクタイプの場合は、クリームタイプより伸びがいいので

ミルクを直径2センチ程度の大きさの量を取り、顔の5カ所(頬、額、鼻、顎の順)に塗付し、

大きくらせんを描きながら塗布します。

大きく動かすことでむらなくつける事が出来ます。

マスクをつけても落ちにくいつけかたは、普通に日焼け止めを付けた後に、マスクの摩擦が起きやすい部分に細かくクロスを描くように重ね塗りをするといいそうです。

更に、おしろいで仕上げをすると効果的だそうです。



紫外線の影響を受けにくい食材とは?

肌をいたわる食材は、

カボチャ、にら、ほうれん草、ネギ緑黄色野菜などの抗酸化作用のあるβカロチン

ミルク等のミネラル

ビタミンCは、抗酸化作用、メラニンの過剰な生成を抑えます。

イワシは、ビタミンDが豊富でターンオーバーを促します。

動物性のタンパク質である牛肉、豚肉、鶏肉などは、肌のターンオーバーを促し、肌の弾力アップにも効果が期待されています。

植物性たんぱく質が豊富な厚揚げも肌のターオーバーを促し、脂質もあるので、肌の乾燥を防いでくれます。

ビタミンEは、血流アップ効果

ポリフェノールは、抗酸化作用があり、赤ワイン、チョコレート、お茶などがあります。

身体の中から肌に良い食材を摂って紫外線対策も大切です。

頑張りたいものですね!

日焼け止め以外の紫外線対策とは?


引用元 NHKあしたも晴れ!人生レシピ「紫外線対策」より

日焼け止めの他の紫外線対策は、

黒っぽい日傘

黒っぽいつばの広い帽子

UVカットアームカバー

UVカットの少し色が入ったサングラス

黒い色は、白と比べて紫外線を吸収して、紫外線カット率も高いのでお勧めです。