皮脳同根(ひのうどうこん)ということば知ってますか?

東洋医学で皮膚と脳は同じルーツ(受精卵が分裂して同じ外胚葉に形成されること)持つため密接につながっているということです.

ストレスが続くと血液がどうなるか 当然肌も荒れてきます

そのほかにも いろんな不調が現れてきますよ

ストレスとうまく付き合うためには どうしたらいいか考えましょう

ストレスが続くと血液がドロドロに


ストレスが続くと血液がドロドロになり、脳の血行も悪くなるのでもの忘れなどの症状が出てきます

海馬という脳の記憶をつかさどるところの血液が不足してしまうからです
特に最近の事での記憶力が低下します

男性ホルモンが増えて 女性ホルモン減少


さらにストレスが強くなると交感神経が優位になり 男性ホルモンが増えてしまい 美肌に大切な

女性ホルモンが減少してしまいます

ストレスに対抗するためのホルモン(副腎皮質ホルモン等)が乱れるとどうなるの?

副腎皮質ホルモン 副腎髄質ホルモンは腎臓の上にある副腎(フクジン)からでるホルモンです

気づきにくいホルモンの乱れ いろんな障害があらわれてきますね

 

ストレスホルモンであるコルチゾールが過剰になる

コルチゾールは過度なストレスを受けると分泌量が増え 肌の老化や肥満(甘いものを異常に口にしたくなる)うつ病の原因となります

ドーパミンが増え過ぎてしまう

ドーパミンは喜びや楽しみで分泌されます

意欲や集中力を高めてくれます

でも増えすぎると 依存症 過食症 等の症状や統合失調症の原因になるかもという説もあります

 

アドレナリン ノルアドレナリンが増え セロトニンが減る

恐怖や怒りなどのストレスで分泌されるホルモンです

過剰になると抑えるためにセロトニン(幸せホルモン)というホルモンを大量に使ってしまい減少すると怒りっぽくなったり 消化酵素不足で体全体の調子が悪くなり 特に胃腸や肌の調子が悪くなってきます。

 

ストレスの原因は脳の疲れ?

 「脳の健康は人生を変える脳が教えてくれること」ダニエルエイメンより抜粋

左側がアルツハイマーの人の脳です 中央が睡眠時無呼吸の人の脳 右側が健康な人の脳です.

すべてのストレスによる症状は脳の疲れが原因で 脳を正常に働かせることが大事になってきます.

❶大脳の基底核というところが異常に働くと
緊張症 不安が多い頭痛 やる気が低下 手の震え 筋肉のこり

❷前頭葉の場合
思考力の低下 くよくよ悩む 集中力の低下 計画通りにいかなくなる

❸側頭葉の場合
もの忘れが酷くなる 言葉が出てこない 他人話が理解できない 怒りっぽくなる めまい 耳鳴り

❹大脳基底核のおくにある大脳辺縁系の異常症状
倦怠感や無気力 月経不順 異常発汗 のぼせ 慢性痛 動悸 息切れ のぼせ めまい

❺後頭葉(視覚や聴覚に関連している)や小脳の異常
眼精疲労 視覚異常 頭痛 聴覚異常 耳鳴り めまいバランス感覚異常

脳の疲れをとるには やはり 身体に優しい 

はりとか灸が一番?


はりやお灸で脳の疲れをとりましょう!リラックスできることでストレスを和らげましょう!

あとは 薄毛対策に効果かある頭皮マッサージもリラックスできますね!効果があると思いますよ!

コメントを残す