こんにちは!

鍼灸院スタッフとして。30年以上携わっているやまみんです

コロナがまだ終息できないでいますが、都心では、油断できない状態ですね。

新型なので、今のところ、まだ、特効薬(ワクチン)を開発中です

早く、効き目のある良いワクチンが出来るといいですね!

不顕性感染者(症状が出てないままで感染していること)の場合は、感染している自覚が無い為、無防備の可能性があります

主に、感染した高齢者(80代以上の基礎疾患がある方)の殆どが肺炎を患って亡くなっています。

つまり、持病持ちで高齢ということもあり、重症化を防ぐことが出来なかったことになりますね,

 

マスクや手洗い、イソジンによるうがい等は必須ですか?それだけで大丈夫?


マスクやアルコール等による消毒、うがいを徹底することも勿論大事です

巷では、今、イソジンが不足しているとか

今はマスクなどは、以前と比べると落ち着いてきていますね!

でも、マスクしたからといって、それだけでは100%安心できませんね!

自分で何とかしなくてはいけません。

そこで自分で免疫力をつけることが大切になってきます!

特に高齢者や持病のある方は、免疫力がないので気をつけなくてはいけません

それに冷え性の人も、いつも体が冷えていて低体温の人が多いですね

低体温の人は、やはり、免疫力が低いから気をつけたいですね!

 

免疫力を高めるためには、どうしたらいいでしょう

体温を上げることが大切になりますね

女性に低体温の方が多いのは、筋肉量が少ないこと。

後は、脂肪が多いこと

脂肪はいったん冷えると、なかなか温まらない為です

生活習慣を少しでも見直すことで体温が上がってきます

身体を冷やす作用のある糖分は避けましょう

睡眠不足やストレス、運動不足等、が原因で低体温になります。

体温が上がると、血行が良くなり、体が温まり、免疫力が高まります

たとえ、感染したとしても、免疫力のある人は重症化を防ぐことが出来ます

本来持っているヒト免疫システムで治っているらしいですね!

その訳は、人間には、病原体を攻撃できる免疫細胞が備わっている為ですね!

 

鍼灸には免疫を高めるどんな作用があるの?



東京医科歯科大学難治疾患研究所市民講座より抜粋(上記)

鍼灸には、下記のような作用がありますよ!

消炎作用 – 白血球を増やし、リンパ系に活力を与え病的な滲出物の吸収を促ししてくれます

免疫作用白血球を増やし、免疫機能を高めてくれます。

防衛作用 – 白血球を増やしたり、免疫系(網内系)の活力をアップします。

 

つまり、白血球が増えることで、生体の防御する機能が高まります

身体全体の免疫機能をアップさせることが出来るのです

血行や生体内の機能を促進させることで、がんや感染症の予防にも効果があると言われています。

病気にかかりにくい体質づくりに貢献していると言っても過言ではないでしょう!

 

免疫力をつける食事とは?

 

 

 

 

 

 

寒い時期にふさわしいぽかぽかに温めてくれる根菜料理がいいですね

ニンジンは、ビタミンAが豊富で粘膜を正常に機能させる働きがあります。

レンコン、ブロッコリー。じゃがいもはビタミンCが豊富で、白血球の働きを強化し。免疫力を高めてくれます

特にブロッコリーにはビタミンCだけでなくビタミンEや食物繊維も含まれています。

ビタミンEは血行促進効果があり、食物繊維は、感染症に対する抵抗力をつける成分が含まれています

それから、にんにく、玉ねぎ、長ネギに含まれる成分がアリシンに変化することで免疫力を高めます

春菊やカボチャなども免疫力と抵抗力を促進させます

インフルエンザやコロナウイルス予防は、腸内環境を整える事

 

腸内環境を整えるには、発酵食品が有効になります

主に漬物などが発酵食品として手軽でいいですね

特に、ぬか漬けやキムチ等は植物性乳酸菌が豊富に含まれています

植物性乳酸菌は生きたまま腸に行き善玉菌の栄養になってくれます

したがって、悪玉菌を減らし、腸内環境が良好になります。

免疫力を高めるためには、腸内環境を整備してくれて、善玉菌を増やしてくれることが、コロナ対策として重要になりますね!

まとめ

当たり前のことですが、バランスの良い食事を摂りましょう!

生活習慣を乱さないようにしましょう!につきます。

あとは、発酵した漬物や熟成発酵した黒にんにくを食べて腸内フローラを整備し、免疫力をアップすることで

コロナウイルスやインフルエンザに負けない身体づくりを心掛けましょう!