こんにちは!やまみんです。

今、コロナが世界的に猛威をふるっていますね!

日本でも、なかなか終息できないでいます

国民は、いろんな意味で不安を抱え、最悪な環境に置かれて苦しんでいる人も多いと思います

早く、治療薬、ワクチンの使用が待たれますね

コロナうつ とかという言葉もでてくるくらいです

Eテレで、うつに、鍼治療が有効だという、報道がありました。

イギリスでも、東洋医学であるハリの効果を絶賛してました。

世界的に、やっと、鍼の効果がが認められてきたんですね!

 

うつに効く鍼治療

 

Eテレでの放送では、うつの患者が薬だけではよくはならず

週に2回から3回ぐらいのペースで鍼治療を3ヶ月、続けたら、うつに改善が見られたとの内容でした。

うつの患者本人も、明るく、前向きになり、普通の生活が出来るようになってきてました。

周りの家族も、明るくなり、鍼治療の効果にびっくりし、感謝してました

欧米、イギリスでも、東洋医学を評価しはじめたと思います

鍼治療は、薬に代わる重要な選択肢となりました。

抗うつ薬とは?

うつ病のお薬は、効き始めるのに4週間から6週間ぐらいかかると言われています

また、効果が出る前に副作用の方が先に出てしまうこともあり、注意が必要です

抗うつ薬の副作用は?


うつ病のお薬で、多い副作用は、眠気、だるさ、になります

その他に、消化器症状として、便秘、吐き気、下痢などです

更に、口渇、めまい、頭痛もあります

飲み始めて1週間ぐらいで副作用が現れると言われています

酷い副作用の場合は医師に相談した方がいいですね。

うつ(不定愁訴)とは

 

主に鍼灸院を選んで、来院される方のうつの症状は、めまい、発汗、不眠、頭痛などの不定愁訴が主です

自律神経の乱れによるものです

うつには、2種類のタイプがあります

❶ストレスによる全身に流れる気が渋滞し起こるタイプ

憂鬱になり、落ち込む、胸部の圧迫感、便秘、肩こり、頭痛、不眠、のぼせ、発汗の症状が出る

❷思慮が過度により起こるタイプ

元気が無くなり、内臓機能の働きも低下する

食欲不振、体力低下、顔色が悪い、自信喪失、精神が不安定となり、感情的になり、泣き出すこともあります。

 

どうして、うつに、鍼が効くの?

うつ病や、パニック障害などの病名に関係無く、全身的な鍼治療を施します。

うつ病などの、身体の不調の原因は、冷え にあることが多いです

冷えという意味は、冷たいという意味だけでなく、生きる力が低下している状態です。

鍼治療により、冷え を取り除き、身体の芯から温めていきます

血行が良くなるから、温まってくることになります

一時しのぎの対症療法ではないので、病の原因となる、根本治療を施します。

施術後は、身体がすっきり軽くなったような気がします。

勿論、頭もスッキリ、不安感にとらわれなくなり、普通の生活をおくれるようになります。

ですから、西洋医学+東洋医学という選択肢をお薦めします!